会社案内

これまで20年の感謝と、これからの20年へ向けて。

私たちの新しいマークができました。

束になれば太く、それぞれはしなやかに

ブルーム アンド ブルーム。
樹木の枝振りや、
風のゆらぎの様に見えるラインの先は、
きっと見えない幹に繋がっています。
その幹はどんなでしょう?
20年前に萌芽した私たちは、
いったいどんな幹を成しているでしょう?
真っ直ぐ伸びたか?
ずいぶん曲がったのか?
その時々の幹を、思い思いにイメージ出来る様に、
ロゴマークには幹がありません。
見えないからといって、
無い訳ではありません。

縄で結ばれた永遠のつらなり。

アルキペラゴ =「群島」
「ひと」や「こと」の連なりを示す「状態」を想起して、
それはまるで海原に浮かぶ
小さな島々の様だと名付けました。
時を経る中で、要素は絡まったり解けたりを繰り返し、
それでも永遠のループのように連なり続ける。
そんな私達でありたいと、
繋がる縄の模様に思いを託しました。
縄文人も仲間や家族の関係を縄模様表したとも、
同じ文化を共有する仲間の証にしたとも言われます。
真意の程は解りませんが、
時代が変わっても想いが変わらないように、
私達もロゴマークで柔らかく結びます。

会社概要

会社名
有限会社ブルーム・アンド・ブルーム
所在地
〒480-1306 愛知県長久手市真行田2780
電話番号
0561-65-0207
FAX
0561-65-0201
メールアドレス
mail@bloom-broom.co.jp
代表取締役
酒井 賀津子
設立
1998年4月
資本金
300万円

代表取締役 酒井 賀津子



会社創業

酒井は東京の造園コンサルタントで景観設計を学び、その後浜松で景観の中にある建築を学ぶ。名古屋に移り造園設計を再始動するが、幼子のいる環境で一人でやれることは小さいと痛感し「ガーデニングブルーム」として同じ思いを持つ人たちと仕事を始める。

1998年、法人化し現在の「有限会社ブルームアンドブルーム」となる。

2000年、事務所兼、店舗を名東区にOPEN

2005年、酒井は庭づくりを超えた循環する世の中の構築を考え、「酒井設計室」としても活動を続けている。

2008年、現在の長久手に移転、モデルガーデンとカフェアルキペラゴをOPEN

2017年、WEB通販事業スタート

受賞歴

2004年、浜名湖花博(第21回全国都市緑化しずおかフェアー)ワールドガーデンコンペティションにて日本代表の4人の中に選ばれ作庭。「ともに生きる憩いの庭」は自然との共生をテーマに循環する世界を庭に映しこんだ。

2005年、住宅すまいweb主催「まちなみ住宅100選」に昭和区A邸が選ばれる。

2012年、ガーデナップ株式会社主催コンサバトリー大賞受賞。

2012年、四国化成全国エクステリアコンテストにて、 長久手市A邸最優秀賞受賞。

2015年、第32回全国都市緑化あいちフェア あいちの庭 銀賞 長久手市自治体花壇 銅賞
 

事業内容

景観設計、エクステリア、お庭のプランニング、施工管理(個人邸、店舗、医院)

  • Go Green

植栽メンテナンス、植栽工事、グリーンリース、(つなごうグリーン)(トラックガーデン)

ディスプレイ、オリジナル商品の企画、デザイン、製作

ガーデンアンドカフェ アルキペラゴ