コンサバトリーのある庭達

もう一つのリビングを庭に

庭の中にリビングをつくり、普段の生活の楽しみを広げている人たちがいる。

たとえば・・・・日本ののどかな庭に合わせたエドワーディアン

居ながらにして自然をもっと身近に感じたいと思うとき、ガーデンの一角に置かれたコンサバトリーは

それをかなえてくれる。

「庭」のかすかな葉のすれる音や水の音、風に運ばれる花の香りや鳥のさえずりを五感で感じさせてくれる。

コンサバトリーは、家と「庭」をつなげるゆたかな箱だ。

 

たとえば・・・・シンプルな形で広い空間のリーントゥ。

太陽の光がシェードを通してやわらぎ、注がれる。

風が樹々を揺らし、目にさわやかさを運んでくれる。

ご主人の大切なアンティークのミニクーパーを眺めながら「一緒にお酒を飲もうね」奥様にねだられたコンサバトリー。

朝も、昼も、夜も一緒です。

 

 

たとえば・・・・国で最も愛される伝統スタイル ビクトリアン

大勢のお客様を迎えるというN邸に、もう一つのリビングとしてコンサバトリーを選んでいただいた。

玄関からも庭のアプローチからも、もちろんリビングからも自由に出入りでき、そして上質な空間ができあがった。

 

明かりのともった部屋はほっと安堵の場となり、コンサバトリーは帰りたい場所となる・・・。